ポピー 幼児教育

【幼児ポピー】メリット・デメリットをきいどり受講経験を元に口コミ

ポピー教材

この記事の内容

幼児ポピーのメリット・デメリットをきいどり受講経験を元に口コミします!

  • ポピーは安いけど内容はどうなの?
  • ポピーきいどりを受講して感じたメリット・デメリット
  • ポピーきいどりの教材内容

自宅で気軽にできる幼児家庭学習教材の1つ、“幼児ポピー”

我が家では次女が年少に上がるタイミングでポピーをはじめました!

あずま
始める前は、

  • ポピーって月980円で他に比べてすごく安いけど、内容は大丈夫なのかな?
  • 飽き性な娘が、ちゃんと座って勉強できるかな?

と不安でしたが、今では休日も

ママ!ポピーやるから早く起きて!

と、早朝に起こされるほどポピーのとりこです(笑)


この記事では幼児ポピーのメリット・デメリットを口コミ!きいどりを受講した感想を紹介します!

長女が受講していたこどもちゃれんじとの比較が多めです。

 

 

▼資料請求・無料体験はこちらから▼

ポピー公式サイト



【幼児ポピーきいどり】申し込みの経緯

勉強

次女がポピーを始めたきっかけは、“下の子の幼児教育どうするか問題”(笑)

長女は0歳のときからずっとこどもちゃれんじを受講していて、次女はそのおさがりのDVDやエデュトイで一緒に遊んでいました。

トイトレやあいさつなど基本的な生活のルールはおさがりのチャレンジで十分だったので、次女にはとくに新しく何かを買い与えることはありませんでした。


でも3歳を過ぎたころから姉がちゃれんじのワークをやっていると、

わたしもお姉ちゃんみたいにお勉強したい!しまじろう欲しい!

と言い出すようになり・・・

あずま
そろそろ年少になるし、ワークみたいなのも始めた方がいいのかな?

でもちゃれんじを申し込むとまたおもちゃが増えるし・・・

受講料も2倍だし・・・



と悩んでいたとき見つけたのがポピー。

月々980円、おもちゃなどの付録は一切なし!と、私が探していた次女の教材の要件にピッタリだったので、すぐに無料体験を申し込みました。



【幼児ポピーきいどり】無料体験娘の反応

ポピーの無料体験を娘と一緒にやってみると、こどもが楽しく取り組める工夫がたくさんありました

まずオリジナルキャラクターの、ぽるん、りず、がっちゃ。

絵が可愛くて、「姉と同じしまじろうがいい!」と言っていた次女も「りずかわいい~!」と気に入った様子。

ポピーキャラクター

またポピーは毎月親子で一緒に作る工作もあり、体験版にはぞうの顔をハサミで切って指につける工作がついていました。

ポピー体験

座学は初めてで飽きっぽい次女でしたが、お勉強というより親子で遊びながらたのしく学べるといった感じだったので最後まで集中して取り組めました!

なにより初めて自分専用のワークが手に入ったことが嬉しかったようです。

これは私のおべんきょう!もっとポピーやりたい!

と、娘もすっかり気に入ったので本申込をすることにしました。


ポピー公式サイトはこちらから




【幼児ポピー】受講して感じたメリット

月々980円~続けやすい料金

ポピー料金

ポピーの月会費は980円~と、他の通信教育と比較してもかなり安いです

余計な付録などは一切なく、本当に必要な内容のみを充実させたシンプルな教材だから実現できるこの低価格。

年齢が上がるにつれ他の習い事も増えてきたりするので、続けやすい料金設定はありがたいですよね。

うちは長女のチャレンジの付録が山ほどあるので、余計な付録なしでその分お安いポピーは私のニーズにピッタリでした!

付録がないので散らからない

長女が受講していたチャレンジでは毎月のように新しい付録のエデュトイがついてきて、こどもはとても楽しそうでしたが、これが何年も続けているとまぁ部屋が散らかるのなんの・・・

それに比べポピーは余計な付録はついてこないので、部屋が散らからないのは私にとって嬉しいポイントでした。

付録のおもちゃはないけど、こどもが楽しく学べる紙媒体の副教材がついてくることがあり、紙なので収納も場所を取りません。

ポピー副教材

姉妹で夢中になって遊んでいた副教材のレストランごっこ↑↑

厚紙で出来ていて収納袋までついていました。

バランスのいい学習内容

ポピーは専門家の指導・監修のもと、お話や工作、文字、数、生活など、たくさんのジャンルがバランスよく学べるように構成されています。

これは単に知識を詰めこんで「頭でっかちな子」にならないよう、「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育てるということがポピーの理念だからです。

毎月様々なジャンルの学習がポピー1冊でできます。

楽しみながら学べる工夫

ポピーはオリジナルキャラクターやカラフルな挿絵で、こどもの興味をひく作りになっています。

次女は飽きっぽい性格だったので大人しく座って取り組めるか心配でしたが、シールを貼ったり色を塗ったり、本人は遊びの延長で学習ができるのでとても楽しみながら学んでいます


【幼児ポピー】受講して感じたデメリット

親のかかわりが必要

ポピーは「親子のふれあいを大切に楽しく脳力アップ」をキャッチコピーとしているだけに、親子で一緒に取り組むものが多いです

まだ年少なのでどの通信教育でも親のかかわりは必要だと思いますが、毎号親子で一緒に作る簡単な工作があったりするので、ポピーをするときは基本親がつきっきりになります。

こどもちゃれんじは付録のDVDやエデュトイで、一人で遊んでてね!ってこともできましたが、そうはいきません。

親側に時間があるときならいいのですが、料理中などに「ママ!ポピーやる!」と言われることもしばしば・・・

これに対し我が家では、ポピーは休日というルールを作り解決しました!

ポピー工作

内容が易しい

ポピーは“誰でも取り組める教材”として作られているため、他の通信教育の中でも難易度はやさしめです。

すでに他の幼児教育などで先取り学習をしているお子さんには、物足りなく感じてしまうかもしれません。

といっても年長まで受講すると、小学校1年生までの先取りはしっかりできる内容にはなっています。

もし難易度が低いと感じた場合は、一学年上の教材を受講することも可能なのでお子さんのレベルに合ったものを選んであげるといいでしょう

娘の場合も最初は少し簡単かなと思いましたが、本人が楽しんで取り組んでいるので、まずは「勉強=楽しい」という意識付けと勉強習慣が身につくといいなぁ、と様子を見ています。

教材量が少ない

ポピーの年少きいどりは1冊約60ページなので、毎日コツコツ学習をするには正直ボリュームが少ないと思います。

お子さんと毎日勉強がしたい!という人には物足りなく感じてしまうかもしれません。

我が家では平日はなかなか時間が取れず、ポピーは休日に少しずつ取り組んでいるので、無理なく1か月で終わらせられる丁度いい量です。

共働きで平日は時間が取れないご家庭にもおすすめです!


【幼児ポピー口コミ】ポピーは初めての家庭学習にぴったり!

ポピーを始めてみて感じたことは・・・

ポイント

  • 家庭学習が初めての子でも飽きずに取り組める工夫がいっぱい
  • 「勉強=楽しい」という意識付けで自然と机に向かう習慣ができる
  • 付録がなく散らからないので親も助かる
  • コスパ最強で家計にもやさしい


ポピーはシンプルでコスパ最強な幼児通信教育です


安いから内容も薄いといったことは一切なく、年齢に合ったさまざまな学習を楽しみながら学ぶことができます。

家庭学習教材で悩んでいる人はぜひ一度無料体験をしてみてください



▼資料請求・無料体験はこちらから▼

ポピー公式サイト

-ポピー, 幼児教育
-, , ,

© 2022