ランドセル

【イオンかるすぽランドセル】買った人の口コミ評判と一番お得な購入方法

この記事の内容

  • イオンのかるすぽランドセルを買った人の評判をブログで口コミ
  • かるすぽはなまるランドセル6年後の状態
  • かるすぽおすすめランドセルランキング
  • イオンランドセルを一番お得に買う方法&割引セール情報

ここではイオンランドセル【かるすぽ】について徹底的に解説します!

「イオンって安いイメージがあるけど、ランドセルの品質はどうなの?」

「実際にかるすぽランドセルを買った人の感想が知りたい!」

「イオンランドセルを安く買う方法は?」


といった疑問に答えます

あずま
イオンのランドセルが気になる人は是非参考にしてください!

今すぐイオンランドセルのお得な購入方法を知りたい方はコチラからどうぞ

 

イオンランドセル公式サイト



好きな所へ飛べる目次
  1. 【イオンかるすぽランドセル】口コミ評判と割引情報【2023】
  2. かるすぽ3つのシリーズ
  3. 【イオンランドセル】かるすぽおすすめランキング
  4. 【イオンランドセル】かるすぽ買った人の口コミ評判【インスタより】
  5. 【イオンランドセル】の品質、耐久性はどう?6年後の状態を使用者が口コミ
  6. 【イオンランドセル】かるすぽの機能や金額
  7. 【イオンランドセル】の実物を見るには?
  8. 【イオンランドセル】セール情報と一番お得な購入方法
  9. 【イオンランドセル】かるすぽ購入時の注意点

【イオンかるすぽランドセル】口コミ評判と割引情報【2023】

イオンランドセルの特徴

  • かるがる背おえる【かるすぽ】シリーズ
  • 軽い・大容量・丈夫で背おいやすい”と使いやすい機能
  • 有名ブランドランドセルのイオン限定モデルあり
  • 100モデル以上のラインアップ
  • カラーバリエーションが豊富
  • 低価格モデルもあり
  • カスタマイズで自分だけのランドセルが作れる


イオンで販売されているランドセルには、イオンオリジナルの【かるすぽ】シリーズと、有名ブランドのブランドランドセルがあります。

2022年度のラインアップは100モデル以上!

カラーバリエーションも豊富なので、選ぶのに迷ってしまうほどです


あずま
イオンの各店で実物を見ることができるので、お買い物のついでにフラッと立ち寄れる気軽さも◎

各店舗にすべてのモデルが展示してあるわけではありませんが、多くの色や形のランドセルを一度に見られるので、ラン活初期に訪れてみて子供の好みをリサーチするのもおすすめです


イオンのオリジナルランドセル【かるすぽ】

かるがる背負えて、すっぽり入る」というキャッチコピーの【かるすぽ】ランドセル

収納力と背おいやすさにこだわり、子供が6年間快適に使えるための機能が充実しています

かるがる背おえる

ランドセルを選ぶうえで大事なのが「体感重量

同じ重さのランドセルでも体感重量を軽減する設計だと、体への負担も軽減され重さも軽く感じます

かるすぽは人間工学に基づいて設計された背当て「かるくな~れ」や、立ち上がり背カン、立体裁断肩ベルトなどで体にフィット!

重い荷物を入れても軽く感じて、背おいやすい設計になっています

収納力バツグン

かるすぽは大マチ部分が大きかったり、小マチが伸びる設計で収納力バツグン!

高学年になって荷物が増えた場合も、大容量なのでサブバッグを持たずに済みます

両手が空いているので雨の日や転びそうになった時など、登下校時も安心です


かるすぽ3つのシリーズ

かるすぽには

【みらいポケット】

【ミラクルin】

【はなまるランドセル】

の3つのシリーズがありま

【みらいポケット】小マチが伸びて大容量

みらいポケット
あずま
【みらいポケット】と聞いて思わずドラえもんが思い浮かぶのは私だけでしょうか(笑)

四次元ポケットのように、必要な学用品をたくさんつめこめる大容量が魅力です!

みらいポケットの特徴は、なんといってもその収納力

伸び縮みする小マチポケットが通常3cmから最大8cmまで伸びて「超」大容量を実現

荷物が多い日でもサブバッグを持たずに済むので、両手が空いて安全に通学できます。


学期末で持ち帰りの物が多い時も安心ですね!


こんなに大容量なのに重さは他の人工皮革ランドセルと変わりません



タブレットケース付き新モデルも登場

みらいポケット
収納部分は背当て側          10.5インチのタブレットまで収納可能

みらいポケットからタブレット収納がついた新モデルが登場!

収納ケースはファスナーでしっかり固定できて取り外しも可能

収納部は背当て側についているので、衝撃にも強くランドセルを背おった時にタブレットの重さも感じにくい設計です

あずま
我が家の学区の小学校は、毎日タブレットを持ち帰ります。

ランドセルに専用のタブレット収納がついていると画面割れや故障にも安心ですね




みらいポケットのラインアップを見る

【ミラクルin】大マチ部分はかるすぽ最大の13.5cm

ミラクルin

かるがる背おえて大容量の【ミラクルin

大マチ部分はかるすぽシリーズ最大の13.5cmでたっぷり収納できます(NEOライトモデルは13cm)

大容量かつ、背おいやすさを追求したランドセルです


【ミラクルin】シリーズには、ラチェットアジャスター(後述)で立ったまま肩ベルトの長さを調整できる【EVERフィット】や、大容量なのに1,050gと軽量の【NEOライト】モデルがあります



同じ大容量が特徴の【みらいポケット】との違いは、小マチが伸び縮みするかどうか

小マチ部分が3cm→8cmに伸びる【みらいポケット】に対し、【ミラクルin】の小マチは3cmで固定となっています

ポイント

【みらいポケット】→大マチ12cm +小マチ3~8cm可動式

【ミラクルin】   →大マチ13.5㎝  +小マチ3cm

大マチ、小マチ両方合わせた収納量でいうと【みらいポケット】の方が多いです

総収納量が多い方がいいか、大マチ部分が大きい方がいいか、通学距離やお子さんの使い勝手を考えて選ぶといいですね!


ラチェットアジャスター機能

ミラクルin

EVERフィットモデルの肩ベルトには、ラチェットアジャスターが搭載されています。

5mmピッチで38段階、肩ベルトの長さを背おったままワンタッチで調節することができる優れもの

あずま
通常ランドセルの肩ベルトの長さを調節しようとすると、ベルトを金具から外して穴に通して…とちょっと手間ですよね。

ラチェットアジャスターならこの面倒な長さ調節がワンタッチで済みます

冬に厚手のコートを着た日なども、その日の服装に合わせて簡単に調節できるので、6年間ずっと背
中にぴったりフィットしま


ミラクルinのラインアップを見る



【はなまるランドセル】軽さ・色・価格すべて◎

はなまるランドセル

【はなまるランドセル】はその名の通り、軽さ・カラーバリエーション・リーズナブルな価格、すべて〇のランドセルです

豊富なカラーバリエーションは驚きの24色、重さは約980gで価格は30,800円


あまりに安いのでネット上には耐久性や機能面が心配という声もありました


他の2つのかるすぽシリーズとの違いは下のようになっています

機能はなまるランドセルみらいポケット、ミラクルin
背当てふわりぃクッションエアリーフォームかるくな~れ
背カンふわりぃ背カンウィング背カン新エコボーン
かぶせ素材クラリーノエフクラリーノ(タフロック、レミニカ、エフ)
肩ベルトスタンダード肩ベルト立体裁断肩ベルト
肩ベルトDカン片側のみ両側

みらいポケット】と【ミラクルin】は人間工学に基づいた3点背あての“かるくな~れ”、背カンはウィング背カン新エコボーンを採用して背負い心地にこだわった設計になっています。

一方【はなまるランドセルは背当て、背カン部分にふわりぃを採用。

老舗ランドセルメーカーのふわりぃのランドセルも同様の機能を搭載しているので、安心できますね


またかぶせの素材が【はなまるランドセル】はクラリーノエフを採用


【みらいポケット】【ミラクルin】はモデルによっても異なりますが、“クラリーノタフロック”“クラリーノレミニカ”“クラリーノエフ”を使っているものが多かったです

クラリーノ各種にはそれぞれ利点があり、革のような風合いや軽さなどの特徴がありますが、耐久性だけでみると

クラリーノタフロック > クラリーノレミニカ > クラリーノエフ

の順番です


なので【みらいポケット】と【ミラクルin】は同じ人工皮革でも比較的耐久性の高いクラリーノ素材を使っているという事がわかります


ただ、クラリーノエフは革らしい風合いに優れていたり、軽いという利点があり、多くの人工皮革ランドセルに採用されているので、特別「壊れやすい」と心配するような素材ではありません



以上のことから、はなまるランドセルはハイスペックというわけではありませんが、耐久面も心配するようなことはなく必要な機能はすべて備わっているランドセルと言えます


万が一故障してしまった場合でも、イオンランドセルは6年間保証があるので、全国のイオンでいつでも修理対応可能です。


あずま
はなまるランドセルは「安くて普通に使えればいい」「そこまで高機能じゃなくてもいい」とコスパ重視の人におすすめです


はなまるランドセルのラインアップを見る


カスタマイズランドセル

みらいポケット】とはなまるランドセルの【MYカラー】では、自分でカスタマイズしてオリジナルランドセルを作ることができます。

デザイン、本体、ヘリ、かぶせ、かぶせ裏内装、かぶせ鋲、イニシャルネームホルダーの7項目を選べて、組み合わせは269万通り

 

自分だけのオリジナルランドセルが【みらいポケット】は73,700円、【はなまるランドセル】は39,600円で注文できます

オーダーメイドランドセルが4万円弱で手に入るのは、他メーカーではなかなかありません!

自分で選んだオリジナルランドセルだと、ランドセルに対して愛着が持てそうですよね

あずま
カスタマイズランドセルは大変人気て、特に機能性の高い【みらいポケット】は例年完売時期も早いです!

気になる人は早めの購入を!


カスタマイズランドセルを詳しく見る


【イオンランドセル】かるすぽおすすめランキング

【女の子】おすすめランドセルランキング

トゥインクルホロスコープFLATCUBE

トゥインクルホロスコープ
税込み価格71,500円
素材クラリーノタフロック
重さ約1,140g(タブレットケースは除く)
カラーネイビーブルー、ソラ、ミルキーホワイト、スミレ

星空がモチーフの珍しいデザインのトゥインクルホロスコープ

サイドの三日月の刺繍が派手過ぎずおしゃれ!

かぶせ裏にはホロスコープ(天体図)と夜空に光り輝く星座や月を繊細に表現したプリントがあり、細部まで可愛いランドセルです

 

トゥインクルホロスコープを詳しく見る


ミラクルin キュート

ミラクルin
税込み価格52,800円
素材クラリーノレミニカ
重さ約1,170g
カラーメタリックピンク、アクア×ソラ、スミレ×ベビーピンク、メタリックラベンダー、メタリックソラ

サイドの刺繍、肩ベルトの反射板、かぶせ鋲、ポケット小窓など至る所にハートがちりばめられた可愛いデザインのミラクルinキュート

 銀糸の刺しゅうや、スパンコールが華やか

ブルー系カラーが水色と青で2色あり、濃いめのブルーのランドセルを探している子におすすめ!

ミラクルinキュートを詳しく見る


チュチュ FLATCUBE

チュチュ
税込み価格77,000円
素材クラリーノタフロック
重さ約1,330g
カラースミレ、メタリックピーチ、ビビットピンク、メタリックソラ

クラシカルで上品なデザインのチュチュFLATCUBE

バレエモチーフで、スパンコールやクリスタルを使ったエレガントな装飾が素敵です


チュチュFLATCUBEを詳しく見る




【男の子】おすすめランドセルランキング

ハイテクスポーツ

ハイテクスポーツ
税込み価格71,500円
素材クラリーノタフロック
重さ約1,120g
カラーシルバー×ブラック、ブラック×ステッチ(レッド、ブルー)、マリンブルー

スタイリッシュで躍動感を感じさせるデザインのハイテクスポーツ

光とスピードをイメージしたデザインが、かぶせ裏や内ポケットなど細部にまで施されていてかっこいい!

ハイテクスポーツを詳しく見る




NEOライト BOY FLATCUBE

NEOライト
税込み価格60,500円
素材クラリーノエフ
重さ約1,050g
カラーエバーグリーン×パールセピア、ブラック×メタリックブルー
ブラック×メタリックブラック、ネイビー×キャメル

エンブレムの型押しとコンビカラーがおしゃれなNEOライト

グリーンやネイビー×キャメルなど珍しいカラーで他の子と差をつけたい人にもおすすめ

1,050gと軽量なのも嬉しいポイント!

NEOライトを詳しく見る




EVERフィット BOY

EVERフィット BOY
税込み価格66,000円
素材タフガード
重さ約1,390g
カラーブラック×レッド、ブラック×ブルー
グリーン、ネイビー×ブルー

メタリックラインがサイドでキラリと光るかっこいいデザインのEVERフィットBOY

サイドのスラッシュラインが特徴的

ラチェットアジャスター搭載で、肩ベルトの長さ調整も楽々できます!

EVERフィットBOYを詳しく見る




【イオンランドセル】かるすぽ買った人の口コミ評判【インスタより】

兄弟そろってかるすぽ!

インスタ上でかるすぽ購入者の口コミを探していて

「上の子もかるすぽで、今回下の子のランドセルもかるすぽに決めました!」

と、兄弟そろってかるすぽを購入した方が結構いました。

上の子が実際に使って良かったから、リピート購入しているんですよね


「3年使っても型崩れも傷もない!」

「大容量だから両手が空いて安全に登下校できる」

と“丈夫さ”や“大容量”の点が高評価でした。


軽いから小柄な子でも安心

軽々背おえるかるすぽシリーズなら小柄な子も安心!


他メーカーと迷ったけど最終的にかるすぽに決めた!

他メーカーと検討して、最終的にかるすぽを選んだ人も多かったです

かるすぽは豊富なラインアップで子供からすると自分の好みのランドセルが見つかる

親からすると、軽く子供が背おいやすい設計で、金額も高すぎず、ちょうどいい!

親子双方のニーズが合致するランドセルだから選ばれているようです。


【イオンランドセル】の品質、耐久性はどう?6年後の状態を使用者が口コミ

口コミ感想

イオンのランドセル、使用六年目の男児です。
うちは持ち手の付いているタイプですが、全くと言っていいほど傷も亀裂もないです。うちのは暴れん坊ではありませんが、ランドセルを大切に扱っているという子でもないです(^^ゞ
ちょうどおととい、「こんなにキレイならリサイクルに出せるね」
と冗談を言っていたところです。

現在、中1と小4の子供がいます。
二人ともトップバリューのランドセルを購入しました。
上の子は6年間使用しましたが、処分するのがもったいないと思うほど、きれいな状態でした。
いまだに処分できずにクローゼットに保管しています。
ランドセルは、ブランド物がいいように思えますが実際にお子さんに背負わせてみることが大事ですよ。
見た目がよくても背負わせてみたら体にフィットしていなかったりします。


ランドセルは使い方や環境によって6年間使用後の状態は変わってきますが、ネット上の口コミでは

「6年間使ってもほとんど傷がない」

「処分するのがもったいないくらいきれいな状態」


という声が多かったです


中には途中で金具などが壊れて無料修理してもらった、という口コミもありましたが、万が一故障した場合も6年間保証があるので最寄りのイオンでいつでも修理をしてもらえます


またイオンのランドセルの品質について、同業の方のこんな口コミもありました▼

鞄メーカー勤務でランドセルも生産しております☆彡イオンのランドセルもトップバリューランドセル等複数のメーカーが作って店頭に並んでますが、全体的に見てイオンのランドセルは大体定価が30000円前後となっております。この価格帯のグレードは標準的な仕様・作り・耐久性・デザイン、機能性等を兼ね備えた鞄となっておりますm(__)mイオンのランドセルは鞄本体に5103αレイン等の軽くて使用頻度の高い生地が使われています。
決して壊れやすいとかすぐ鞄が痛むとかのクレームはメーカーにもありませんよ↓
実際イオンのランドセルは例年よく売れているのがそれを証明していると思います。イオンのランドセルが良く売れて困っているランドセルメーカーがあるのも事実ですし(うちもそうです↓)
僕も同業者としてオススメしたいランドセルの一つがイオンのランドセルです(笑)

すべてYahoo!知恵袋より引用

イオンのランドセルが“いい商品”だから、“毎年人気でよく売れる“ということ

品質がわるければ、いくら安くても買う人がいなくなってしまいますよね

そしてイオンランドセルを使っている人がとても多いから、良い口コミや悪い口コミ、故障した事例などの情報もネット上に多く出回っているという現状です

ネットで検索すると色々な情報があり、不安になってしまうかもしれませんが、イオンのランドセルは機能面、耐久性、保証面など、安心して使用できるランドセルと言えます


【イオンランドセル】かるすぽの機能や金額

かるすぽの機能

名称特徴
かるくな~れ人間工学に基づき開発された3点背当て
立ち上がり背カン肩ベルトの根元を立ち上げることで、背中にフィットしやすい
肩ベルト「立体裁断肩ベルト」、形状安定樹脂「新エコボーン」で肩と胸にしっかりフィット
高通気性背当て背当て部分は高通気性素材を使い汗っかきでもへっちゃら
しわけジョーズ荷物が少ない日は仕切りをつけてがたつきを抑える
A4フラットファイル対応大容量!プリント類も折らずに収納できる
大マチサイドと上部補強サイドには軽くて剛性の高い芯材、上部には特殊プレートを内蔵し型崩れ防止
ポケット内Dカン鍵などをなくさないようにつけておけるDカンつき
ワンタッチロック錠自動ロックでランドセルのフタの閉め忘れを防止
ナスカン給食袋などをかけられる
肩ベルトナスカン・Dカン防犯ブザーを取り付けられる
かぶせ側面と肩ベルトに反射材暗い夜道や雨の日などドライバーに存在を知らせる
はっ水加工水に強い人工皮革製だから雨の日も安心
持ち手つきロッカーからランドセルを出す時などの補助


かるすぽの重さ

カスタマイズランドセルを除くと、17モデルある【かるすぽ】シリーズ

重さはそれぞれのモデルによっても違いますが、多くは軽量設計で作られています


モデル重さ
最軽量はなまるランドセル990g
最重量ミラクルin EVERフィット1,390g

かるすぽの中で一番軽いランドセルは、はなまるランドセルの990g

次がミラクルinのNEOライトで1,050g

人工皮革だと1,200~1,300g台のランドセルが多い中、1,000gを切るはなまるランドセルやNEOライトはとても軽いと言えます

最も重いミラクルinEVERフィットでも1,390gなので、他の人工皮革ランドセルと比べると平均的で特段重いというわけではありません



ランドセルの重さに関しては、本体の重量より背おった時の体感重量の方が重要です


かるすぽは背おい心地にこだわり、重い荷物も軽く感じる設計でランドセルを作っています


実際に気になるモデルを試着してみて、からだにフィットするものをえらぶといいですね!


かるすぽの金額

かるすぽシリーズの全ラインアップは以下の通りです

モデル税込み価格
【みらいポケット】トゥインクルホロスコープ71,500円
【みらいポケット】ハイテクスポーツ71,500円
【みらいポケット】チュチュ77,000円
【みらいポケット】サイバー77,000円
【みらいポケット】メイクルーム71,500円
【みらいポケット】プチコレクション66,000円
【みらいポケット】ロードレーサー71,500円
【みらいポケット】アーバンスタイル66,000円
【ミラクルin】EVERフィット66,000円
【ミラクルin】NEOライト60,500円
【ミラクルin】キュート52,800円
【ミラクルin】アイビー49,500円
【ミラクルin】スポーツ52,800円
【ミラクルin】エレガント49,500円
【はなまるランドセル24】33,000円

最安値の【はなまるランドセル】は33,000円、一番高いモデルの【みらいポケット】チュチュとサイバーは77,000円

イオンランドセルと一括りに言っても金額にはかなりの幅があります

ランドセル平均購入価格
引用:一般社団法人 日本鞄協会ランドセル工業会

最近のランドセルの平均購入価格は5~6万円前後なので、イオンには平均より金額が安いランドセルから高いランドセルまで取り扱いがあります

あずま
イオンと言うと、「おトク!」「安い」イメージがありますが、ランドセルは一概にそうとは言えません!


6年間保証

イオンランドセルは全商品6年間の無料保証があります

保証書があれば全国のイオンで修理対応可能で、修理中は代替のレンタルランドセルもあるので安心!


4年生の時肩口が割れてしまいましたが(何かしたわけではなく)とにかく対応が良かったです その日に連絡してから行き変わりのランドセルも貸してくれて、関係ない中敷きも取り替えてくれて6年間保証期間中なので無料でしたし、他も同じ様に対応してくれるとは思いますがやはりイオンだな~と感じました

Yahoo!知恵袋より引用


【イオンランドセル】の実物を見るには?

実店舗

イオンのランドセルは全国のイオンの店舗で実物を見ることができます

イオンは店舗試着にもこだわりを持ち、各ランドセル売り場には最大230種類のラインアップがあり、研修を受けた専門スタッフがフィッテングをサポート

お子さんの体に合ったものを案内してくれるので、初めてのランドセル選びでも安心です


展示会情報

イオンではランドセルの展示会は行っていません。

その代わり全国のイオンの店舗で、期間中はいつでもランドセルの実物を見ることができます

お買い物ついでにいつでもふらっと立ち寄れる気軽さがいいですよ


【イオンランドセル】セール情報と一番お得な購入方法

イオンランドセルの購入を決めたら、気になるのが割引情報

ランドセルは高い買い物だから、できるだけお得に購入したいですよね!


結論から言うと、イオンのランドセルを一番お得に買うには早割とお客様感謝デーを併用して

【8月1日までにネットで購入する】ことです!

この二つの併用はネットでしかできません


早割

イオンのランドセルは8月1日までに購入すると15%オフになる超早割があります

金額が高ければ高い程割引率も大きくなります

イオンでランドセルの購入を決めたら早割を使わない手はありません!

8/1を逃したら、8/31までに購入すると10%オフという早割があります!


お客様感謝デー

CMでもおなじみのイオンのお客様感謝デー

お客様感謝デーは、毎月20日と30日にイオンのカードを持参して買い物をするとレジにて5%オフになるというもの

これのネット版がイオンスタイルオンラインお客さま感謝デーで、毎月20日、30日にネットで買い物をすると購入時のWAONポイントが10倍になります

通常200円で1ポイントのWAONポイントが、お客様感謝デーでは200円で10ポイントももらえます!


早割とお客様感謝デーの併用はネットのみ可能!

イオンでランドセルをお得に購入できる早割とお客様感謝デーの併用ができるのはオンライン注文のみです

店舗だとどちらか片方の割引しか適用されません


超早割とお客様感謝デーを併用して、オンラインでランドセルを購入した場合の割引率は以下の通りです

 

かるすぽ最高値・税込み77,000円の【みらいポケット】チュチュをお客様感謝デーで購入

定価77,000円

超早割(8/1まで)

15%割引

▲11,550円

オンラインお客様感謝デー

(WAONポイント10倍)

▲3,850円(ポイント還元)
合計割引額▲15,400円
実質購入金額61,600円

 

あずま
77,000円のみらいポケットチュチュが実質61,600円で買える!

15,400円もおトクです!

イオンでランドセルを購入する時は

【8/1までのお客様感謝デーにオンラインで購入する】のが一番おトクです!

お得な購入方法①型落ちセールを狙う

イオンの店舗では時々、型落ちのランドセルのセールを行います

あずま
私も3月にイオンの店舗で元々安いはなまるランドセルが10,000円で売られているのを発見しました!

ただし色は数色しか残っておらず、あまり選べません



「安ければ色や型落ち品でも気にしない!」という人は、セールを狙うとかなり安くランドセルが手に入ります

ちなみに去年のブラックフライデーでは、ランドセル半額セールが開催されていました

さらにお得な購入方法②イオンカードを作る

新規でイオンカードに入会してお買い物をすると、10,000円相当のWAONポイントがもらえます

イオンランドセルの一番お得な購入方法の早割とお客様感謝デーの併用をするには、イオンカードやWAONカードが必要なので、もし持っていなかったらこの機会に作っても損はないと思います

入会金や年会費は無料で、カードを作るだけで10,000円分もポイントがもらえるなんておトクですよね!


10,000円相当のWAONポイントがもらえるのは新規カード入会に限るので、もしパパ名義でイオンカードを持っている場合は、ママ名義で新規入会すると◎

▼イオンカードのお申し込みはこちら▼


【イオンランドセル】かるすぽ購入時の注意点

注意点

①イオンでも全てのランドセルが安いわけでわない

日用品から生鮮食品、何でも安くそろう私たちの身近なショッピングモールのイオン

コスパのいいプライベートブランド「トップバリュ」もあり、多くの人はイオン=安いというイメージを持っているのではないかと思います


でもランドセルに限ってはそうとは言えません!

イオンランドセルの価格帯は33,000円~77,000円と幅があります

最安値の【はなまるランドセル】は一般的なランドセルの平均購入価格と言われる5~6万円と比べても安いと言えますが、それ以外は平均以上の金額のモデルもたくさんあります


イオンのランドセルなら安いだろうからどれを選んでもいいよ!

と思い込んで店舗に行くと、子供が思いかけず高いモデルを選んでしまった!なんて事もありえます

他にも有名ブランドのイオンオリジナルモデルの取り扱いもあるので、イオンのランドセル=全てのランドセルが安いわけではありません

とくに価格重視の人は注意しましょう!


②イオンランドセルは人気だからお友達とかぶる可能性がある

軽くて使いやすい機能が揃ったイオンのランドセルはやっぱり人気が高いです

人気カラーなどは、意図せずお友達と同じランドセルになってしまった・・・なんて事も

とくに家や学校の近所にイオンがある場合は、お買い物ついでに気軽に立ち寄れるのでかぶり率が上がる可能性もあります


他の子とかぶっても気にしないというお子さんが多いと思いますが、「人と同じは嫌だ!」という子は定番カラーや人気モデルは避けた方が無難でしょう


イオンランドセル公式サイト

【2023】ラン活の始め方!ランドセルの選び方とタイプ別おすすめメーカー

続きを見る

-ランドセル
-

© 2022