ランドセル 入学準備

通販でランドセルを購入時、失敗しないための注意点4つ

ほしいランドセルを扱っているお店や展示会が、家から遠くて行けない場合は、通販でランドセルを購入するという方法があります。

でも、決して安い買い物ではないランドセル…

失敗できない買い物だからこそ、通販で購入することへの不安も大きいですよね

 

こんな不安ありませんか?

  • スマホの画面だけだと本物の色味がわからないよ
  • 届いてから「思ってたのとちがう!」ってこどもに言われないかな
  • 実際に背負わないで買って、こどもの体に合わなかったらどうしよう…

 

実は私も、娘のラン活のときはお目当てのランドセルのお店も展示会も遠方で、とても実物を見に行ける距離ではありませんでした。

そのため購入手段は通販しかなく、

 

あずま
実物を見ないで買って大丈夫かな!?

買い直せないから、やっぱり他のメーカーにした方がいいかな…

でも娘は気に入ってるし…

 

とさんざん悩みました。

 

どうしたら実物とのミスマッチを減らせるか、試行錯誤を繰り返した結果、通販でも満足のいくランドセルをGETすることができました!

 

その時に学んだ、ランドセルを通販で購入するときの注意点を4つにまとめたので、同じように悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!

 

通販でランドセルを購入するメリットとデメリット

まず、ランドセルを通販で購入する際のメリットとデメリットを挙げていきます!

メリット

  • 実店舗に行く手間が省ける
  • 遠方にしか店舗がないメーカーのランドセルも購入できる
  • 店舗より安く購入できることがある
  • 人気商品をいち早くGETできる


ランドセルを通販で購入するメリットはたくさんあります!

とくにメーカー公式サイトでは、オンライン購入限定のキャンペーンもあるので、店頭で購入する前にチェックするといいでしょう。

店頭より安く購入出来たり、刺繍などが無料でできるサービスもあり、おトクですよ!

デメリット

  • 質感・色味がわからない
  • 大きさやフィット感がわからない

 

ランドセルを通販で購入するデメリットは、やはり画面上で見るランドセルと実物とのミスマッチ

とくにこどもにスマホやPCの画面で商品を見せても、いまいちピンとこないですよね。

そこで、私がこのデメリットを解決するため実際に試した方法をこれから紹介します!

 

ランドセル通販利用時の4つのチェックポイント

1. レンタルランドセル or 似たスペックのランドセルを試着する

レンタルランドセル

最近ではランドセルのレンタルサービスをしているメーカーも増えてきました。

レンタル料はメーカーにより異なりますが、大体3,000円前後で、3日~1週間貸し出してくれるところが多いです。

レンタルランドセルがあるメーカーなら、自宅でゆっくり試着もできるし、細部までチェックできるので通販で購入する不安もすべて解消してくれますよね。

似たスペックのランドセルを試着する

我が家もそうでしたが、実際に試着できる店舗が遠方で、レンタルランドセルもないメーカーの場合。

近くのランドセル売り場に行って他メーカーの物でいいので、欲しいランドセルと似たスペックのランドセルを試着してみましょう

その際、私が重視したのは「背カン」と「重さ」です。

 

メモ


背カンとは、肩ベルトとランドセル本体をつなぐ重要なパーツ


この背カンによっては、ランドセルとこどもの背中にすき間が開いてしまい、肩が痛くなる原因になってしまうことも

 

多くのランドセルは、「天使の羽」「フィットちゃん」「ウィング背カン」などの有名な背カンが使われています。


あずま
我が家から小学校までの道のりは遠く、こどもの足で30分くらいかかるので、体にフィットして負担にならないものがいいと思いました。

 

娘が気に入ったランドセルの背カンには「フィットちゃん」が採用されていたので、近所のランドセル売り場で他メーカーのフィットちゃんを背負ってみて、体の浮きがないかをチェックしました

また、同じくらいの重さのランドセルを背負って、実際の重さのイメージするのもおすすめです。

ポイント

近所のランドセル売り場で似たスペック

  • 同じ背カン
  • 同じくらいの重さ

のランドセルを試着したおかげで、実物のフィット感や重さをイメージすることができました!

2. カタログの色見本を持参して売り場で比較

全国に数店舗しか実店舗がないメーカーのカタログを請求すると、2×2cmくらいの色見本がついてくることがよくあります。

でも正直あれって小さすぎて全然イメージわかないんですよね…

こどもからしたら余計わからないと思います。

そこで色見本が手に入ったら、近くのランドセル売り場で、本物のランドセルと色見本を比べてみるのがおすすめです。

比較対象は他メーカーにはなってしまいますが、色味やツヤ感などとても参考になりました

ただし、店員さんに接客されてしまうとこれはできないので、タイミングを見計らって行ってみてください。

私は近所のイトーヨーカドーのランドセル売り場を平日のぞいてみたら、お客さんどころか店員さんもいなかったので、思う存分比較することができましたよ(笑)

逆に休日の混んでいるときも、他のお客さんを接客していたりしていいかもしれませんね!

3. 悪質なサイトに注意!

通販でランドセルを購入するなら、公式サイトから購入することをおすすめします!(公式サイトが楽天などの場合は除く)

というのも、中には粗悪品や中古品を売りつける悪質なサイトも存在するからです。

サイトの日本語文章がおかしかったり、異常に安かったりしたら疑ってください。

4. 6年保証があるか・型落ちではないかチェック

公式サイト以外でランドセルを購入する場合は、「6年保証がついているか」「型落ち品でないか」を確認してください

安いと思ったら、商品説明の見落としそうなところに「202×年入学用」と記載があり、実は型落ち品だった!なんてこともあります。

長い商品説明を全部読むのは大変ですが、失敗しないためにも通販を利用するときはしっかり読み込みましょう。

また、同じ「6年保証」でもメーカーによっては無料保証の範囲が異なります

どんな理由でもすべて無料で修理対応してくれるメーカーもあれば、自然に破損した場合は無料だけど、不注意や故意でついた傷は有料対応というところも。

これも商品説明をよく読んで確認しておきましょう。

まとめ

通販でランドセルを購入するときは

チェックリスト

  • 似たスペックのランドセルを試着して実物をイメージしよう
  • 近所のランドセル売り場で、色見本と実物の色味やツヤ感を比較しよう
  • なるべく公式サイトから購入しよう
  • 6年保証の範囲を確認しよう
  • 型落ち品じゃないか商品説明をよく読みましょう

 

以上を注意することで、通販でも失敗せずにランドセルを買うことができると思います。

小学校入学は親にとっても、こどもにとっても一大イベント。

その中でも「小学生=ランドセル」といっても過言ではないほど、ランドセルは特別なものです。

入学準備の段階から後悔することなく、親子ともに明るい気持ちで入学式を迎えられるよう、ぜひ参考にしてみてください。

-ランドセル, 入学準備
-, ,

© 2022